税理士試験の受験機会は早くなる?

税理士の仕事をするには、税理士資格の取得が不可欠です。
そのためには、税理士試験を受験して合格することが避けられません。
資格試験を受けるとき、受験資格を満たしているかどうかがネックになります。
受験資格が問われない資格がある一方、受験資格を満たさないと受験が叶わない資格も存在するからです。
税理士試験の場合は、後者のほうに該当します。
こちらの試験を受験するには、国籍や年齢制限などはありませんが、学識、資格、職歴などに受験資格があるからです。
学識、資格、職歴、それぞれに複数の条件が設定されています。
しかし、トータルで考えて、いずれか1つでも満たしていれば受験が可能です。
つまり、受験資格を満たせる要件が多いほど、税理士試験に挑めるチャンスが増えると考えられます。
たとえば、大学や短大時代の履修科目に、法律学か経済学が1科目以上含まれていると受験対象になります。
上記科目を含む62単位以上を取得すればよいので、大学3年以上になると受験可能です。
それまでの年齢で日商簿記検定1級に合格すれば、税理士試験の受験機会が早まります。
ほかにも、いろいろな可能性がありますので、税理士試験の受験資格について確認をおすすめします。