相続税より贈与税の方が不利だと思っていたけど

お金持ちの人なら相続税対策なんてやっていると思いますが、生前贈与は効果的な節税対策ですよね。
でも贈与された側は贈与税が課せられるので、結局は税金を払わないといけなくなるので節税対策なんてできないと思ってしまいますよね。
しかも贈与税は相続税よりもさらに高めに設定されているので、生前贈与なんて節税の意味なしだと思っていました。
相続人が子供1人で財産5,000万円だった場合の相続税は160万円になりますが、贈与税はなんと2,050万円にもなるのです。
だから贈与税の方が不利に思ってしまいますが、贈与は何度でも行うことができるので、小分けに何度も贈与することで支払う税金を減らすことができるのです。
相続は1回きりだけですが、贈与なら何回でもできるため、贈与税の非課税枠を使って上手に節税することができるのです。
しかし贈与税って高いんですね。
贈与なんてされたことがないので知りませんでしたが、節税するためには色々な方法があるんですね。
節税方法を知っていれば損もしなくて済むし、税金についてきちんと勉強しておいた方がいいですね。