留学で家族を拡げるのもいいかも。

一度でも留学すると、家族が増えることになるでしょう。
それは、いっきに数人だったり、1人ずつだったりはするかもしれません。
でも、日本人以外の家族ができるって留学だからこそできるものと思います。
旅行だといろんなところへと移動も多いですが、留学というのはだいたい拠点があります。
1週間なら1週間、ほぼ同じ顔合わせで生活が進んでいく留学だからこそのことと思うんです。
ただ旅するだけでも語学はついきたりするので、あえて留学にする意図は、やはり人は人を求めているんでしょう。

また、同じ価値観をもつのが同じ国の人ばかりとも限らないこともあるのかもしれません。
留学ではそれの合う人を見つけるのにとてもいい環境が作られているのではないでしょうか。
家族もそうですし、歴史みたいなところでもいろんな考えがそこには集まってきたりもします。
それらを否定も批判もせず、受け入れられるのもまた留学だからなのかなとも思います。
時に姉妹、兄弟のような人だったりもあり、父母のような人であることも考えられるでしょう。
なかなか家族は増やせるものではないですし、留学はちょうどいい機会になっているといえます。