壁紙のお店にいってみる

古いアパートをリノベーションをして住みたいという願望が昔からあった。
主人にもその話をしていて、二人でこんな家がいい!こんな部屋にしたい!とよく言っていた。
すると、主人が古いアパートがあったよ!と連絡をくれて、見にいくことにした。
休日にみにいくと、一回で小さな庭も少しある、広めのアパートだった。
家賃もすごくリーズナブルで、これなら、リノベーションして住めるよね!と言う話になった。
リノベーションをしてもいいか聞いてみると、好きなようにしてもらっていいですよと言ってくれた。
そして、アパートの契約をして、リノベーション作業に取り掛かった。
材料を集めたりしながら、少しずつ進め、壁紙も変えるので、壁紙の専門店にいくことにした。
するとたくさんの壁紙があって、迷うな?と思いながら選んだ。
主人も大賛成してくれた、壁紙があり、それを買うことにした。
今までこんなにも力を合わせて何かをしたことがない。
主人の新しい一面もみえたりして、リノベーションをしてよかったなと思った。
早く出来上がった部屋に住みたいねと話をしながら、作業をした。