訪問介護に便利な資格

ホームヘルパーの資格を取れば、訪問介護の仕事ができる。
そう聞いて、仕事が休みの日に資格を取りに行った。
通学コースは3ヶ月弱で資格が取れるようになっていて、短期集中コースなら最短で二週間で取れるらしい。
時間があれば短期のコースを選びたかったけど、仕事をしながらなので仕方が無い。

訪問介護事業所は近年すごい勢いで増えている。
求人を見ると、そのほとんどが介護福祉と言っても過言ではない。
ヘルパーの資格があれば、必ず仕事はあると思い、資格を取ることにした。
ヘルパー資格は、今では名前を変えて初任者研修資格という名称になっている。

訪問介護というのは、家で生活している高齢者のお手伝いをする。
かなりざっくり言うと、こんな感じ。
でも、なんでもお手伝いできるかというと、そういうわけではない。
きちんとケアプランに沿って、お手伝いすることが決まっている。

ケアプランというのは、ケアマネジャーが1人1人の利用者に合わせて作成しているもの。
そこから脱線してもし何かあったら、ヘルパー自身の責任問題だ。
訪問介護の仕事は、私の周りでもやっている人が多い。
いつかは私もそういう仕事がしたいと思っていた。